ツジコ
riri-neko:

006
on-no-tmon:

紐パン穿いてる女はスケベに違いない説 - お宝エログ幕府
on-no-tmon:

お前らのお気に入りのgif画像見せてくれ。俺の心をわしづかみにするぐらいのもの限定な - がぞ~速報

息をしなくてはいけない 肺に毒を仕込まれたとしても
口角を上げなくてはいけない そうすることで刺し殺されても

日々は戦争 顔のないわたしと目鼻が逆についた君との
言葉も武器も介さない 見えない悪意を目で見えるようにして
君と戦争 どちらが勝つかなんて言わずとも
狂っていたって表情は全てを物語ってくれるから

「もうそろそろ疲れたでしょう」。
わたしはその声に首を横に振るしか出来なくて
戦わねばなりません
いっそ君のその燃える悪意で
わたしの導火線 火を点けて


-笑わない道化師と歌う猫: ごっこ遊び(戦争) 

日本刀の鍛造工程を目の当たりにした西洋人はほとんどいない。日本でもこの作業は神聖なものとみなされ、現代科学を以てしても太刀打ち出来ない伝統工芸のひとつだ。刀匠による作業は(目視で鋼の熱がより判断しやすいように)夜間に行われ、槌打、焼き、鍛造を経て、世界で最も精細な刀ができあがる。

鋼は幾重にも折り重ねられ、外側は固く内側は柔らかい一本の刃が作られる。恐ろしいほどに薄く鋭いが、西洋で作られるどんな刀よりも欠けにくい。

鍛造が終わり、鏡のような輝きをもつまでに磨かれる。丁寧な作業が数週間も続き、ようやく完成するのだ。この長く骨の折れる作業を経て、ようやく金属はその真のポテンシャルを発揮する。ジョナサン・アイヴが直接その目で見たかったのは、まさにこの工程だ。

アイヴが常に考えているのは、世界で最も薄いコンピューティングデバイスをどうすればつくることができるか、ということだ。だから、彼が日本の優れた刀匠の元に飛行機で14時間もかけて訪れたことに驚くアップルの社員は、いない。

髪を剃りあげ、筋肉質の体にトレードマークのTシャツとジーンズ。アイヴは、刀匠が夜通し行う作業を、懸命に見つめていた。


-MacBook Airのモチーフは日本刀? | 田園Mac (via tscp)